News & Topics

News & Topics

2011年度 CompTIA Authorized Service Provider(CASP) 受賞

CompTIA

株式会社マイクロメイツは、CompTIA日本支局様より、2011年度の「CompTIA Authorized Service Provider(CASP)」を受賞しました。

受賞組織 株式会社マイクロメイツ クライアントサービス部 コールセンターグループ
本賞は、顧客視点に立った人材育成方針のもと、CompTIA認定資格の目的や役割にあった活用を行った結果、生産性や顧客満足度の向上などの具体的な効果が表れた組織、またはリーダーシップを発揮した組織に対し、CompTIA日本支局様が毎年表彰しているものです。
弊社は、2011年顧客対応に必要となる技術スキルの修得度を可視化するため、スキルマップを導入し、その必須スキルとしてCompTIA A+を導入しました。
弊社の社内研修チームによるトレーニングにより、CompTIA A+の取得を目指したスタッフは、IT全体に対する理解度をさらに高めると同時に、ユーザーの障害対応時のヒアリング能力が向上。障害受電時のエスカレーションの際には、より具体的かつ的確に状況を報告することができるようになり、生産性も飛躍的に高まりました。CompTIA A+の取得が、コールセンター業務における顧客満足度の向上に寄与しています。
受賞内容につきまして詳しくはCompTIA日本支局様の下記ニュースリリースをご参照ください。 http://www.comptia.jp/press/111208.html

弊社を含め、CASP受賞各社のCompTIA認定資格導入による人材育成効果の具体的な内容については、2012年1月27日(金)に開催されるセミナー「CompTIA人材育成サミット2012(主催:CompTIA日本支局様)」で発表される予定です。

CompTIAとは

1980年初頭、EDIが様々な規格で利用され情報が飛び交う中、ISOやIEEEに対し標準化を提言するため、各社が集まる場として1982年にシカゴで設立。その後、欧米を中心とし14拠点を持つ非営利グローバルIT業界組織として、技術標準化の提言や各業務の実務能力基準の認定活動等を行っています。尚、日本では、支局が平成13年4月に設立されています。
http://www.comptia.jp

CompTIA認定資格とは

1993年より提供開始されているCompTIA A+をはじめとするCompTIA認定資格は、業界エキスパートにより開発され、実践力、応用力を評価する認定資格として、法人を中心にワールドワイドで150万人以上に取得されています。CompTIA A+、Network+、Security+の3つの認定資格は、ISO 17011/17024の認定を受け、信頼性の高い認定資格として評価されています。 2011年8月現在、Network+など12分野におよぶ業務に関する認定プログラムを提供しており、法人を中心に広く活用されています。
http://www.comptia.jp/cont_certif.html

  • このページの先頭へ