ユーザー定着化支援

トレーニングコース5

Excel VBA講座

Microsoft Excel のVBAを使用したプログラミングの基礎/応用を学習します。
記録マクロをカスタマイズし、VBAによるプログラミングに必要な基本概念や用語、操作方法からVBAの基本構文を紹介し、自動マクロでは記録しきれないマクロを作成します。また変数や繰り返し処理、分岐処理など、実務に活用できる制御構造を覚え、自由な動きを指示するマクロを作成していきます。
Excelをより実用的に利用していただくため、さまざまな機能を学習し、独自のアプリケーション作成を行う導入として、基本的なコードの詳細を解説します。

対象

Excelの実務的な機能を習得している方
Microsoft Excel のVBAを使用したプログラミングの基礎・応用を学びたい方

カリキュラム事例

1. VBAとは(マクロとVBA)

  マクロの構成要素
  マクロのセキュリティ

2. Visual Basic Editor

  Visual Basic Editorの起動
  Visual Basic Editorの画面構成
  Visual Basic Editorの利用と終了

3. 記録マクロ

  マクロの記録とは
  マクロの実行と保存
  マクロの編集と削除

4. Visual Basic Editorでのマクロ作成

  標準モジュールの挿入
  プロシージャの作成
  エラーの対応
  モジュールの削除

5. オブジェクトの操作

  オブジェクトとは
  セルの操作
  ワークシートの操作
  ブックの操作

6. イベントプロシージャ

  プロシージャの種類
  イベントプロシージャとは
  イベントプロシージャを作成する

7. 変数の宣言

  変数とは
  変数の宣言とデータ型

8. エラー処理

  エラーの回避とは
  エラー処理構文を作成する

9. 高度な処理

  処理の繰り返し(For…Nextステートメント)
  条件分岐(If…Then…Elseステートメント)

10.演習・質疑応答

 

所要時間

9時間

トレーニングサービスに関するお問い合わせ

  • このページの先頭へ